ポイントカード導入して「良かった事・悪かった事」


ここ数年でポイントカード普及は目覚ましいく成長しています。その普及の要因としては、

単純に値引きをするよりもお店側に様々なメリットがあることが考えられます。


そこで、今回はポイントカードを導入に対する、メリット&デメリットを色々な目線で考えて行きたいと思います

 

 

■ポイントカードによる売上と集客

上記の表でも示したように、ポイントカードによる1番の集客効果はポイントを貯めたお客さんが、

もったいないと思うことで同じお店を選ぶキッカケになることではないでしょうか。

それに合わせて、目標単価のお客様にポイント倍増の特典などをつけることで、

集客 × 売上げアップが実現出来るメリットがあります。

その半面、ポイントカードを導入しているお店が増えているので、ただポイントカードシステムを導入するのでは無くて、

他との差別化が余儀なくされ、発行したポイントなどがいつ使われるか解らない部分などで

財務計画やリスクファクターとして捉えられるデメリットもあります。

 

■ポイントカード導入経費と業務複雑化

ポイントカードを導入が始まると、今度は運用が必要になって来ます。

ポイントカードをキッカケにお客様とのコミュニーケッションなどを行うチャンスが増える反面、

忙しい中様々な対応が増えてしまうデメリットは大きいと言えます。

業務を増やさずに導入出来るポイントシステムは導入費用が高いため、

経費 × 業務のメリット&デメリットをしっかりとした天秤で測り判断する必要があると言えます。

 

■まとめ

きちんとした目的や計画をたて、それに適した戦略を考え、ポイントをどう利用してもらうのか、

どのように仕掛けていくのかなど、導入後の戦略が大切となり、プロジェクト成功の鍵となります。

 

ポイントカードを導入するのであれば成功させないともったいない!

ポイントカードシステムと一言で言っても、単純な紙媒体のスタンプカード式からリライトカード、

最近ではアプリやPOSと連動したシステムなど様々なシステムが存在します。

お店の規模とお客さんの要望をしっかり把握した上で、それぞれの店舗にあったやり方を考える必要があると思います。

 

紙媒体のポイントカードとリライトカードとアプリのシステム(プント)の費用完全比較の記事:

「ポイントカードvsリライトカードvsプントシステム 費用を完全比較」 を参考に考えると良いかと思います。